相続をする人

不動産を相続した時にトラブルにならないように

遺産相続をする時に相続をする人が決まっていなければ、相続人全員で共有する財産となります。遺言があれば、遺言の通りに相続登記が行われる事になります。そうすれば不動産売却をする事も可能です。ただし注意をしなければならない事として、書き方を間違えると法的に無効となるのです。不動産売却などを考えるのでしたら、現在、その不動産は誰の物なのかを確認する必要があります。自分の物なのかそれとも他の人の物なのか、不動産売却を行う時にはこの部分を考えておく必要があります。そうする事によって不動産売却をスムーズに行えます。逆に分からずに勝手に決めて話を進めてもトラブルの原因になりますので気をつける必要があります。

不動産売却で注意しておきたい権利の事

相続するときには承諾書や覚書等を用意する必要があります。遺産相続をした場合、不動産売却をするのでしたら、譲渡所得税の申告などをしなければならないからです。そうなると減価償却、あるいは取引費等をチェックする事もあります。それから権利に関する重要書類等も必要になって来るのです。売買契約が終わった時に、後で、権利関係の事で重要な書類が見つかった場合、トラブルに発展します。基本的に売主は権利義務等のすべてを売却して買う側に引き渡さなければならないからです。ここを注意しておく必要があります。