申告の手続き

不動産御売却で相続税を支払う

相続が発生したら遺産分割協議を起源内にまとめて申告することになります。不動産を相続して相続税を支払わなければならない場合の対応は難しいことになります。支払い原資がない場合には不動産売却を行って原資を作らなければなりません。不動産売却をする場合には期限内に売却出来ない場合もあるので税務署に届け出れば不動産売却が実現するまで待ってもらうことが出来ます。あまり売り急ぎますと買いたたかれますので多少時間がかかったとしても納得に行く金額で交渉が纏ますまで努力する必要があります。しかしながらいつまでも納税を待ってくれるわけではありませんので適切なところで手を打つことも必要です。

バブルの時の納税は大変だった

不動産価格は上下するので相続についても運不運の巡り合わせがあります。特に、大変だったのがバブルの時期に相続をしたケースです。不動産価格の急激な上昇によって多くの人が不動産の相続によって課税されることになりました。多くのケースで不動産売却をしなければ納税資金を手当てできないという現象が発生しました。特に立地の良いところの不動産の上昇が顕著となっておりましたので、この種の不動産売却をしなければならないことは所有者にとっては大きな迷惑となったはずです。バブル崩壊後は不動産価格の大幅な下落に加えてバブル時期に相続税の影響を緩和するために実施した基礎控除の拡大が寄与して相続税を支払わなければならない人の数が大幅に減少していました。