Real estate

申告の手続き

相続が発生した場合には10か月以内に申告をしなければいけません。不動産相続で相続税の発生が起こったときは不動産売却をしてお金を得る必要があります。時期によって不動産の相場は大きく変動しています。

不動産の手続き

現在は法律が改正されたことから不動産売却や購入などをすることができるようになっています。人が亡くなったときには遺産相続によって不動産相続が発生することもありますが、不動産売却をする人も多いです。

相続をする人

不動産を売却する時には誰の物なのか、ちゃんと確定をしなければならないです。不動産を相続する場合には、税金の事も考えなければなりません。相続によって不動産を得たのでしたら、購入した経緯等をしっかりと思い出す必要があります。

売却の手続き

たくさんの人が住むことができるマンション買取を福岡でしようと思っている人は、こちらでおすすめの業者を調べましょう。

メリットとデメリットの違いを知ろう

不動産売却をする場合、売却をする売主はその売却理由を明確にしておかなければなりません。そこで、売主としては不動産売却のメリットを伝える必要があるのです。売却する場合は、デメリットが目立つため売却することが多いのですが、あえてデメリットはあまり伝えずにメリットをよく考えて伝える必要があります。ただし、売主には報告義務があります。報告義務とは、例えばその不動産マンションで自殺したり、殺人事件があった場合は、買主に報告をしなければならないのです。この報告義務は、そのマンションに関する情報は買主よりも売主の方がより多く持っているからです。だからといって、デメリットばかりを伝えていてもいけませんので、両方を上手にバランスよく伝えることで相手の信頼を得ることができます。

その価格についての秘密とは

不動産売却をする場合には、できるだけ高い価格で売却をしたいと思うのが売主の素直な気持ちでしょう。不動産売却には、売主のイメージしている価格以上に高い価格で売れる事は滅多にありません。それにもかかわらず、不動産会社は相場よりも高い価格を設定します。なぜそのように高い価格を設定するのでしょうか。それは、実際にその価格で売る自信があるかもしれませんが、多くの場合にはその不動産物件を自社で扱いたいからです。不動産会社としては、その物件を売却することができれば、数百万円台の手数料が入ることもあります。そのための不動産会社の査定は実際の売値よりも不動産売却2割程度は高く査定しています。売主としてもそのような裏の事情知っておくべきでしょう。